バイク無限乗り換えループ

バイクは体重の3倍くらいの重さまでが乗せられている感が無く操作感があります。この範囲でバイクを選ぶ場合400㏄から650㏄位までが排気量の限界域となり、SR400に私は乗りました。ですが、乗っているうちに見た目や乗り心地、味は飽きてしまうものです。結果SR400は遠出するのがしんどく、古臭いバイクといった印象のみ残ります。

そこで最新のDOHC水冷のできればツインエンジンの650㏄が欲しくなります。そこで以前利用したことのある【Ape_エイプ50をバイク買取業者に高く売るコツ※私の体験談】というサイトで知った買取業者に買い取ってもらい、新しいバイクに乗り換えてワクワクしながら始めはSV650に乗るのですが、今度は速さとパワーが当たり前になり、タイヤ代の高さやガソリんの減りが気になり、だんだんと大型バイクに乗っていることが負担になり、またしても維持費の安い単気筒に乗りたくなります。

ここで2台目としてカブ110を乗るだとかすると問題無いのでしょうが、一気にSR400に逆戻りしてしまうのが私のお財布事情です。2回目のSR400はインジェクションになり、エンジンのかかりもよく、始めはやはり満足感が高く、やはり昔のバイクらしい形をしたSR400の形にはまり、写真を撮りまくります。

その内SR400のパワーを開放すべくノーマルエアフィルターを取ってしまってパワーフィルター化し、マフラーもノーマルではカブのように静かなのでもちろん排気効率のよい、かつ車検に通るデイトナの社外マフラーに交換して、仕上げにサブコンを投入しました。サブコンは最後に装備し、調節をしてもらったのですが、これが完璧には合わずどうしてもアフターファイヤーが出てしまう、エンストしそうになるだとかの現象を引き起こします。だんだん、これらの問題が気になりまたSR400が嫌になってきます。今私はまたスズキのSV650が欲しくなってきました。

SR400は置いておいて、新しい900ccくらいのバイクを持つという手も考えましたが、私のお財布事情がそれを許しません。
悲しいかないやいやSR400に乗っているのですが、先日朝通勤途中にSR400で左折する際に後輪が白線の上で思いっきり滑りました。SR400で無かったらこけていたと思うので、ここで無限ループは終わるかと思いきや今度は貧乏になり過ぎて125㏄に乗り換えようかと考え中です。途いうのも私は結局遠出しないからです。

400㏄から125㏄に乗り換えた経験は過去にあり、割り切ることができることも経験済みですが、125㏄に乗りながらSR400にあこがれていたのも事実です。